収入証明書不要

源泉徴収票には年収、天引きされた所得税が記載されています。

源泉徴収票と言うと、お仕事をされている方だと年末や年明けの給与支払時に勤め先から貰える小さな書類だといえば思い出す方も多いのではないでしょうか。給与や退職手当、公的年金等の支払をする者が、支払った額や天引きした所得税額を証明する書面であり、支払者である勤め先が作成して、1通は税務署へもう1通は給与等を払った人に渡す書類がこの源泉徴収票です。実際には、給与所得だけでは無く、退職した際に退職金、退職手当に対するもの、厚生年金や共済年金、国民年金といった公的人金をもらったときに対するものの3種類があります。3種類で共通することは、誰が、誰に、幾ら支払って、所得税を幾ら天引きしたかということが記載されていることです。また、給与の源泉徴収票だと1月1日から12月31日までに支払われた給与額や所得税の源泉徴収税額が記載されていますが、医療費控除などで確定申告する際には添付書類として必ずこの源泉徴収票が必要となります。

給与支払明細書は保管しなければならないか

毎月いただく給与支払明細書ですから、大事に保管しておかなければならないと誰しも思いますが、何年も何年も保管しておく必要はありません。通常は一年間保管し、一年に一度年間の支払明細が支払先から配付されますので、合っているかどうかを確認すれば、後は必要ありません。だから、給与支払明細書はこの目的を果たす一年間だけ保管すればいいでしょう。長い間のことを考えると、厚生年金の保険料をどのように払い込んだかを確認できる資料として、貴重な役割を果たすことがあることだけは記憶してください。他に何も証拠らしきものがない場合は、給与支払明細書で厚生関係引き去り金として控除された金額が確認できる証拠の書類になります。そして、厚生年金をいただくときに前もって、務めた期間やその時の標準報酬月額がベースになって年金額が算定されますが、そうした計算基礎になるのが、毎月の給与なのです。その意味での算定根拠になるということだけは覚えておいた方がいいでしょう。まぁ給料が低すぎてにっちもさっちも行かない人は即日融資ストライク|今すぐお金が必要な人向けカードローン|などを使うしかないんでしょうけどね。

インターネットでも作成が便利な確定申告書

確定申告は、サラリーマンでも、給与が一定の額を超えている場合や、家賃収入などの給与以外の副収入が一定の額以上ある場合には提出が必要になります。また、医療費が一定の額を超えて、その分の控除を受けたい場合などにも提出が必要になります。もちろん、自営業者や個人事業主は通常提出が必要です。この確定申告書ですが、役所などでは紙の申告書や説明書を配布していますので、これを使うことも勿論できます。また、自治体によっては、確定申告の時期に、税務署内のパソコンブースを住民が使ってその場で確定申告書を作成することが出来るようにしているところもあります。それ以外にも、確定申告書は各種サイトやソフトからのダウンロードが出来ますし、会計ソフトを利用すれば、入力済みの確定申告書を印刷してそのまま提出することが出来て大変便利です。こうしたソフトなどを利用すると、前年度のデータも引き継げますし、個人で事業を営んでいる場合などには導入を検討してみると良いでしょう。